DENSO IT LABORATORY CollabTech Seminar

in MIRU2019

Computational Imagingの分野の最先端を走る日浦 慎作教授。

古典的な特徴抽出から最先端の深層学習まで、幅広い研究を深める藤吉 弘亘教授。

そして、株式会社デンソーアイティーラボラトリと株式会社デンソーのエンジニアが、新しいモビリティ社会の実現に向けたコンピュータビジョンの最前線を語り尽くします。

NEWS

  • 2019/6/26 日時、場所の詳細情報を公開しました。
  • 2019/6/26 参加手続方法を公開しました。
  • 2019/3/8 講演者のプロフィールを一部、公開しました。
  • 2019/3/5 イベント日時、場所を公開しました。
  • 2019/3/1 サイト開設しました。

参加資格

  • 本イベントに参加するには、MIRU2019 への参加登録が必要となります。

参加手続

  • 定員100名(予定)
  • 本イベントへの参加は無料ですが,本イベントには 参加券(ご氏名・ご所属を記名いただきます)が必要となります.
  • 参加券は,無くなり次第,配布を終了します.

参加券配布場所

  • デンソーアイティラボラトリ 企業展示ブース
  • 若干数の参加券を当日(30日 夕方)会場受付にて配布予定(枚数は未定)

タイムテーブル

  • 後日公開

講演者

日浦慎作 教授 (兵庫県立大学)

1993年 大阪大学基礎工学部制御工学科飛び級中退,

1997年 同大大学院博士課程短期修了.同年京都大学リサーチアソシエイト,

1999年 大阪大学大学院基礎工学研究科助手,2003年同助教授.

2008-2009年 マサチューセッツ工科大学メディアラボ客員准教授.

2010年 広島市立大学大学院情報科学研究科教授.

2019年兵庫県立大学大学院工学研究科教授.

三次元空間の画像計測と反射現象・表面質感の解析,コンピュテーショナルフォトグラフィ等の研究に従事.1993年電気関係学会関西支部連合大会奨励賞,2000年画像センシングシンポジウム優秀論文賞,2010年情報処理学会山下記念研究賞,2012年MIRU優秀論文賞等受賞.電子情報通信学会,情報処理学会,日本バーチャルリアリティ学会各会員.博士(工学).

藤吉弘亘 教授(中部大学工学部ロボット理工学科)

1997年 中部大学大学院博士後期課程修了,

1997年 米カーネギーメロン大学ロボット工学研究所Postdoctoral Fellow,

2000年 中部大学工学部情報工学科講師,

2004年 中部大学准教授,

2005年 米カーネギーメロン大学ロボット工学研究所客員研究員(~2006年),

2010年 中部大学教授,

2014年名古屋大学客員教授.

ロボカップ研究賞(2005年),情報処理学会論文誌CVIM優秀論文賞(2009年),情報処理学会山下記念研究賞(2009年),画像センシングシンポジウム優秀学術賞(2010, 2013, 2014年) ,電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ論文賞(2013年)他

日 時

  • 2019年7月30日(火)
    • 開場(グランキューブ大阪 8F) 17:30〜18:00
    • トークセッション(グランキューブ大阪 8F) 17:45〜19:15
    • 懇親会(グランキューブ大阪 12F) 19:30〜21:00

会 場

  • 京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口)すぐ
  • JR大阪環状線「福島駅」から徒歩約15分
  • JR東西線「新福島駅」(3番出口)から徒歩約10分
  • 阪神本線「福島駅」(3番出口)から徒歩約10分
  • 大阪メトロ「阿波座駅」(中央線1号出口・千日前線9号出口)から徒歩約15分